解体工事の流れ。お客様にご満足と安心していただける安全・環境に配慮した工事をお約束いたします。

解体工事の流れ

見積り・調査
1 現地調査

電話でも概算見積りを出してくれる業者もありますが、現地調査で建物の構造や解体作業の環境を確認することで、より適正な費用を算出することができます。


現地調査の内容は、主に以下のとおりです。

  • 建物の延床面積
  • 建物の構造
  • 外構、植栽の有無、規模
  • 乗り入れ可能なトラック
  • 養生シートの種類、面積 等

2 見積書の確認

現地調査に基づいて見積書を作成します。 解体工事を進めていく中で地中からコンクリートブロックや浄化槽等、埋没している障害物が出てきたときには、別途経費がかかることになります。(一般的に「地中障害物は別途」と記載されています)

工事前準備
3 近隣の方への挨拶

解体工事は、近隣住民の方々にご迷惑をお掛けする事になりますので、工事前には必ず挨拶をし、工事期間や作業工程などをご案内しております。もし、可能であれば業者とご同行いただければと思います。


4 引き込み配管、配線撤去の手配

ガス、電気などがつながったまま工事を行うと大変危険です。そのため、ガス、電気、電話の引込配管、配線の撤去の手配をしていただきます。 手配後、専門の業者により、撤去を行います。 水道は解体工事中に散水用として使用させて頂きますので、解体工事完了後に廃止・移転の手続きをお願いします。

解体工事開始~工事完了・お引渡し
5 足場の養生組立て

解体工事では高所での作業が伴うため、安全対策としてその建物に合った足場の組立を行います。必要に応じて防音シートや防音パネル養生の設置をし、騒音やホコリを防ぎ、近所の方への迷惑を最小限におさえます。


6 工作物等の撤去

建物本体から、窓ガラス・サッシ・畳・瓦・建具・石膏ボード・住宅設備機器・断熱材・不用品(タンス・ベッド等)等、手作業で撤去できるものを撤去します。


7 重機の搬入

近隣の方へのご迷惑にならないよう、丁寧に重機を搬入します。


8 建物本体の解体

壁、屋根、梁、柱などが残った上屋を解体し、基礎を掘り起し撤去していきます。近隣への迷惑が掛からないよう防塵・騒音対策を施してから作業いたします。


9 廃材の分別・収集

解体工事により生じる木くず、金属くず、コンクリートくずなどを現場で分別します。分別解体に基づき、手や機会を使いながら分けていきます。


10 処分場へ搬出

産業廃棄物の処分場に分別した廃材を搬出します。 この際マニフェスト伝票(産業廃棄物管理票)を作成します。これは産業廃棄物が適切に処理されたかを確認するための書類です。


11 地中障害物の確認

解体終了後、廃材が地中に残っていないか、その下にコンクリートが埋まっていないか確認します。建替えの時に出てきてしまうと、その部分の除去にまた負担が生じてしまいます。


12 整地作業

使用用途やご要望によって、ブルドーザーなどで地面を平らに整地します。駐車場にする場合は砕石などを敷いたり、アスファルト塗装を施します。


13 重機搬出

重機を搬出、回送します。近隣の方へのご迷惑にならないよう、丁寧に重機を搬出します。


14 解体工事完了・お引き渡し

周辺道路・近隣などを十分に清掃し、完了です。 可能であれば、残存物がないかどうか立会い確認をしてください。